イメージ

NEWS

NEWS一覧

    2022.05.07
    症例38 冷え性、生理痛(お客様の一例です。)
    詳しく見る

    『お客様』30代、女性

    『病名』冷え性、生理痛

    『主訴』冷え性、生理痛、胃痛

    『症状』

    冷え性、生理痛があり、疲れやすく、ストレスを感じる。

    胃痛もある。

    花粉症で鼻水、鼻づまりもあり、服薬中。

    『服薬』

    「風寒」の外邪が冷えを生んでいること、「肝血」の不足が「肝気」の乱れをもたらし、生理痛、胃痛も引き起こしていると見られた。「風寒」を取り除く「解表薬」と、「肝血」を養うお薬、2種類を服用して頂いた。

    3ケ月で改善した。

     

    2022.05.02
    症例37 耳鳴り(お客様の一例です。)
    詳しく見る

    『お客様』50代、男性

    『病名』耳鳴り

    『主訴』耳鳴り

    『症状』

    10年位前から、ジィーという低音の耳鳴りがする。

    仕事で精神的、肉体的に疲れている。

    目のかすみ、めまい、頭のふらつきがある。

    『服薬』

    主原因が、肝血の不足、血の滞りと見られた。

    血を補い、血の滞りをなくす補血薬を服用して頂いた。

    3ケ月で改善した。

    2022.04.30
    症例36 打撲によるあざ(お客様の一例です。)
    詳しく見る

    『お客様』60代、女性

    『病名』打撲

    『主訴』打撲によるあざ

    『症状』

    1ケ月前に転んでできたあざが、大きいまま治らない。

    転んで痛んだ指が、伸ばしても曲げても痛む。

    動悸、不眠、めまい、立ち眩み、息切れもある。

    『服薬』

    皮下出血が続いて、あざが治りにくくなっていると見られた。

    思慮過度による、動悸や不眠も見られた。

    気血の両方を補うお薬を服用して頂いた。

    約4ケ月で改善した。

     

     

    2022.04.27
    症例35 咳嗽(お客様の一例です。)
    詳しく見る

    『お客様』50代、男性

    『病名』咳嗽

    『主訴』から咳

    『症状』

    空咳が出る。咽がつまっているが、痰が出ない。

    胸と脇腹が苦しく、痛みを感じることもある。

    疲れやすく、憂うつ感、抑うつ感がある。

    『服薬』

    「肝気」の鬱結が「肺気」の失調をもたらし、憂うつ感、抑うつ感にまで至っていると見られた。

    肝気の解欝を図って、咽の異物感、肺の熱と痰を取るお薬を服用して頂いた。

    4ケ月で改善した。

     

     

     

     

    2022.04.26
    症例34 頻尿(お客様の一例です。)
    詳しく見る

    『お客様』60代、女性

    『病名』頻尿

    『主訴』頻尿

    『症状』

    下肢に冷えが走ると、トイレに行きたくなる。

    手足がいつも冷たい。足腰がだるい。

    頭がふらつき、息切れしやすい。

    就寝中にも4回位トイレに行き、目が覚め易い。

    『服薬』

    「腎」の働きが衰え、膀胱の水分排出を調節できなくなっていると見られた。

    「腎陽」を補い温めて、その働きを回復させるお薬を服用して頂いた。

    6ケ月で改善した。

    2022.04.25
    症例33 頭痛、めまい、耳鳴り、便秘(お客様の一例です。)
    詳しく見る

    『お客様』80代、男性

    『病名』頭痛、めまい、耳鳴り、便秘

    『主訴』頭痛、めまい、耳鳴り

    『症状』

    高血圧で、頭痛、めまい、耳鳴りがする。

    セミの鳴き声の様である。

    当初は胃痛があり、お腹が空かないと言われたが、4ケ月後からは便秘となった。

    『服薬』

    「腎精不足」が耳鳴り、聴力減退、更に頭痛、めまいを生んでいると見られた。

    腎・肝・脾、中でも腎を補うお薬を主に服用して頂いた。

    4ケ月後からは便秘が重くなり、「潤腸通便」薬を服用して頂いた。

    約1年で改善した。

    2022.04.22
    症例32 鼻づまり、アレルギー性鼻炎(お客様の一例です。)
    詳しく見る

    『お客様』50代、女性

    『病名』鼻づまり、アレルギー性鼻炎

    『主訴』鼻づまり、アレルギー性鼻炎

    『症状』

    幼少期より、アレルギー性鼻炎があった。

    鼻の奥が詰まっていて気持ちが悪く、眠れない。

    鼻水が出て、めまい、吐き気もある。

    『服薬』

    「風寒邪」に対する抵抗力が不十分で、防衛反応が弱く、「肺気」を傷害したために、鼻の通り道を塞いでいると見られた。

    「風寒邪」を取り去り、「鼻閉」を通じさせる「通竅」(ツウキョウ)のお薬を服用して頂いた。

    1ケ月で改善した。

     

    2022.04.21
    症例31 多汗症(お客様の一例です。)
    詳しく見る

    『お客様』50代、女性

    『病名』多汗症

    『主訴』多汗

    『症状』

    少し動くと、すぐ汗が出る。肩から上にかくことが多い。

    全身がだるい。寒気がすることがある。

    気力がわかない。風邪をひきやすい。

    ふらついたり、めまいがすることが多い。

    『服薬』

    仕事が大変で、ストレスをかかえて身体が弱っており、「気虚」の症状の程度が著しいと見られた。

    「気」を補うお薬と、体表を固めて汗を止めるお薬を併用して頂いた。

    1ケ月で改善した。

    2022.04.20

    『お客様』40代、男性

    『病名』疲労倦怠

    『主訴』疲労倦怠

    『症状』

    精神的にも肉体的にも、疲れを感じる。

    食欲がわかず、食べても味がしない。

    お腹が冷えて、痛みを感じることもある。

    手足が冷たく、いつも寒い。

    尿の量が少なく、足がむくんでいる。

    『服薬』

    疲労から、「脾胃」の気虚の程度が進んでいると見られた。「水湿」が生じて停滞し、これが「腎」にも及び、「寒」の症状が出ていると考えられた。

    「脾気」を補うお薬と、「腎」を温めながら、尿量を増やして浮腫みを取るお薬を併用して頂いた。

    2ケ月で改善した。

     

    天山堂薬局 漢方専門トップページ

     

    2022.04.20

    『お客様』40代、男性

    『病名』排尿痛

    『主訴』排尿痛

    『症状』

    食欲はあまりなく、不規則で、味の濃いものを食べる。

    お酒を毎日かなり飲む。口が乾く。

    排尿時、尿道に痛み、熱感がある。

    尿の色は濃く、血尿が出ることがある。

    排便がすっきりしない。

    『服薬』

    食事やお酒などが主原因となって湿熱を生じ、これが膀胱に停滞して、排尿痛、血尿を引き起こしていると見られた。

    「湿熱」を取り除きながら、「止血」する効果のあるお薬を服用して頂いた。3ケ月後、改善した。

     

    天山堂薬局 漢方専門トップページ