イメージ

NEWS

NEWS一覧

    2022.04.18
    症例28 膀胱炎(お客様の一例です。)
    詳しく見る

    『お客様』60代、女性

    『病名』膀胱炎

    『主訴』膀胱炎

    『症状』

    尿量が少なく、排尿痛がある。

    血尿がでる。「膀胱炎」だと言われたことがある。

    口が乾き、イライラすることが多い。

    咳が出たり、吐き気がすることもある。

    下痢気味のことが多い。

    『服薬』

    「熱邪」と「水湿」が、「膀胱炎」の主原因と考えられた。

    また、「熱邪」が肺を犯して咳を、胃を犯して吐き気を起こしていると見られた。

    「水湿」と「熱邪」を取り除きながら、併せて「陰」を補い、尿の出を良くするお薬を服用して頂いた。

    1ケ月で改善が見られた。

    2022.04.15
    症例26 倦怠感、不眠(お客様の一例です。)
    詳しく見る

    『お客様』30代、女性

    『病名』倦怠感、不眠

    『主訴』倦怠感

    『症状』

    疲れやすく、全身の倦怠感があり、動きたくない。

    食欲がわかない。

    動悸、息切れしやすい。

    良く眠れず、翌朝も疲れが残っている気がする。

    汗をかきやすく、時々めまいがする。

    『服薬』

    元々身体が弱く、食が細かったため、栄養が十分に行き渡らず、「気血」が不足していると見られた。

    「気血」を共に補うお薬を服用して頂いた。

    2ケ月で改善した。

     

    2022.04.14
    症例25 便秘(お客様の一例です。)
    詳しく見る

    『お客様』30代、男性

    『病名』便秘

    『主訴』便秘

    『症状』

    お通じは、2~3日に一度位。

    お腹が張って膨れた感じがする。

    尿が濃く、量が少ない。

    口の中が荒れがち。

    色々心配事があり、イライラしがち。

    味の濃いものを良く食べてきたので、ビフィズス菌とヨーグルトを飲むようにして、気をつけている。

    『服薬』

    「熱邪」が胃腸を傷つけ、熱によって胃腸が乾燥していると見られた。胃腸の熱を取り、これを潤すお薬を服用して頂いた。

    1ケ月で改善した。

     

     

    2022.04.13
    症例24 いぼ(顔面ほほのいぼ)(お客様の一例です。)
    詳しく見る

    『お客様』30代、女性

    『病名』いぼ

    『主訴』顔面ほほのいぼ

    『症状』

    ほほに、硬くて平たいいぼが出来た。痛みはあまりないが痒い。

    皮膚科で治療を受けて来た。

    『服薬』

    「風熱」に侵されて発症したと考えられた。

    「清熱解毒」のお薬を服用して頂いた。

    2ケ月で改善した。

    2022.04.12
    症例23 不眠(お客様の一例です。)
    詳しく見る

    『お客様』50代、女性

    『病名』不眠

    『主訴』不眠

    『症状』

    色々悩み、眠れなくなる。眠りが浅く、夢を良く見る。

    息切れしたり、ドキドキすることがある。よく物忘れをする。

    食欲がなく、身体がだるく、元気が出ない。

    『服薬』

    思い悩む「思慮過度」により、「心脾」が傷つき、「脾」が「心血」を養うことができず、「不安」が増していると考えられた。

    「脾気」を補い、「養血」して不安感を鎮めるお薬を服用して頂いた。

    3ケ月で改善した。

     

     

    2022.04.09
    症例21 頭痛(お客様の一例です。)
    詳しく見る

    『お客様』60代、女性

    『病名』頭痛、めまい

    『主訴』頭痛、めまい

    『症状』頭がふらつき、頭が重く、張った感じがして、痛む。

    目がくらみ、立っていられない程のめまいがすることがある。

    食欲不振で、胸が苦しい。

    下痢や泥状便のことが多い。

    高血圧と言われている。

    『服薬』

    「脾」の働きが衰え、消化管内に水分が貯留して「痰」となり、これが頭部をおかしていると見られた。

    「痰」をとるお薬を服用して頂いた。

    1ケ月で改善した。

     

    2022.04.08
    症例20 腹痛、食欲不振(お客様の一例です。)
    詳しく見る

    『お客様』30代、女性

    『病名』腹痛、食欲不振、慢性胃炎

    『主訴』食欲がない。疲れやすい。腹痛が辛い。

    『症状』

    息切れをすることが多く、疲れやすく、気力がわかない。

    食欲がなく、食べるとお腹が張る。

    便秘と下痢気味を繰り返して、お腹が痛い。

    慢性胃炎と言われたことがある。

    『服薬』

    「脾」の働きが衰え、消化吸収能力が低下していると考えられた。

    全身的にも、疲労感など「気虚」の症状が強く出ていると見られた。

    「脾気」を補い、消化管の働きを助けるお薬を服用して頂いた。

    4ケ月で改善した。

     

     

    2022.04.07
    症例19 耳鳴り、中耳炎(お客様の一例です。)
    詳しく見る

    『お客様』60代、男性

    『病名』耳鳴り、中耳炎

    『主訴』耳鳴り

    『症状』

    耳鳴りは、風が吹く様な音がする。耳が痛む。

    鼻づまりがして、鼻汁が出る。

    発熱、頭痛がある。

    風邪をひいた時に、中耳炎になっていると言われた。

    『内服』

    耳鳴りは、「風寒」の化熱により「肺」が邪を受け、これが原因となっていると見られた。

    邪を受けて傷ついた「肺」の熱をとるお薬を服用して頂いた。

    4ケ月で改善した。

    2022.04.06
    症例18 胃痛(お客様の一例です。)
    詳しく見る

    『お客様』40代、女性

    『病名』胃痛、めまい

    『主訴』胃痛

    『症状』胃が痛む。痛みは数年続いている。

    手足が冷える。

    頭がふらつき、めまいがする。

    食欲がなく、息切れがする。

    『服薬』

    体質的に「脾胃」が弱く、温める力が不足した「陽虚」のために「内寒」が生じ、胃痛をもたらしていると見られた。また、「脾胃」の働きの元となる「気虚」のため、ふらつきやめまいを起こしていると考えられた。「脾胃」を温めるお薬と、「気」を補うお薬を併用して頂いた。2週間で改善した。

    2022.04.05
    症例17 眼底出血(お客様の一例です。)
    詳しく見る

    『お客様』70代、女性

    『病名』眼底出血

    『主訴』眼底出血

    『症状』急に視力が低下して、眼底出血があると言われた。

    目が充血しており、眼痛がある。

    頭がふらつき、頭痛もある。

    いらいらして、怒りっぽくなってしまう。

    以前から血圧が高く、不眠もある。

    『服薬』

    「肝火」によって、眼球が障害されていると見られた。

    「肝火」を鎮めるお薬を服用して頂いた。

    8カ月続けて頂き、改善した。