イメージ

NEWS

NEWS一覧

    2022.05.19
    症例49 アトピー性皮膚炎(お客様の一例です。)
    詳しく見る

    『お客様』10代、男性

    『病名』アトピー性皮膚炎

    『主訴』アトピー性皮膚炎

    『症状』

    肘や膝の内側にできていて、痒い。

    痒くてかいてしまい、びらんして滲出液が出ている。

    頭のフケが多い。

    発熱や頭痛があり、イライラすることが多い。

    『服薬』

    「風湿熱」が主原因と見られるが、更に体内に留まっている「熱毒」が症状を重くし、長引かせていると考えられた。

    「風湿熱」と「熱毒」を除くお薬と、「脾胃」を補うお薬を併用して頂いた。

    6ケ月で改善が見られた。

    2022.05.18
    症例48 病後の体力低下(お客様の一例です。)
    詳しく見る

    『お客様』20代、女性

    『病名』病後の体力低下

    『主訴』病後の体力低下

    『症状』

    癌で入院手術・退院。転移あり、通院中。

    すごく痩せて、体力が落ちた。

    食事量が少ない。

    足がだるく、痛い。

    『服薬』

    食事量を増やして、体力回復を図ることを目的に、「脾気虚」を改善するお薬を服用して頂いた。

    5ケ月で体力が改善させることができた。

    その後、抗がん剤治療を続けておられる。

    2022.05.18
    症例47 皮膚掻痒症(お客様の一例です。)
    詳しく見る

    『お客様』10代、男性

    『病名』皮膚掻痒症

    『主訴』かゆみ

    『症状』

    痒くて、かくとびらん、滲出液が出る。

    便は、2日に1回。

    食事は、脂っぽいもの、甘い物をよく食べている。

    『服薬』

    飲食習慣により、体内に湿熱が生じ、更に「風邪」を感受したことが、主原因と見られた。

    「風湿」を除き、痒みを止めるお薬を服用して頂いた。

    8ケ月で改善した。

     

    2022.05.16
    症例46 子宝相談(お客様の一例です。)
    詳しく見る

    『お客様』20代、女性

    『病名』子宝相談

    『主訴』子宝相談

    『症状』

    既婚。子宮内膜症と、卵巣に腫瘍がある。

    周期調節法を希望している。

    生理の量は、1・2日目が多く、塊がある。

    生理痛は、生理前が辛い。

    『服薬』

    低温期、排卵期、高温期、生理期に応じて、お薬を服用して頂いた。

    1ケ月で、月経血の黒っぽかった色が鮮やかになり、塊がなくなった。

    約1年後に妊娠することができ、出産に至った。

     

    2022.05.14
    症例44 痔(お客様の一例です。)
    詳しく見る

    『お客様』50代、女性

    『病名』痔

    『主訴』痔

    『症状』

    便秘したり、睡眠不足が続いたりして疲れがたまると、鮮血がでる。

    20年前に、痔の手術をしている。

    普段、熱が出ることが多く、食欲がない。

    『服薬』

    長年の飲食習慣により、胃腸に「湿熱」が生じ、これが肛門裂創の主原因と見られた。

    「湿熱」を除くお薬と、腸を潤して通便させるお薬を併用して頂いた。

    5ケ月で改善した。

     

    2022.05.13
    症例43 多汗症、鼻炎(お客様の一例です。)
    詳しく見る

    『お客様』10代、男性

    『病名』多汗症、鼻炎

    『主訴』多汗症、鼻炎

    『症状』

    暑がりで、多汗。

    花粉症で、鼻水、くしゃみが出る。

    皮膚が化膿し易い。

    『服薬』

    皮膚や粘膜から侵入しようとする外邪を防ぎ、発汗の調整もしている「固表」の働きが衰えており、「気虚」の状態と見られた。「気」を補い、「固表」の働きを高めるお薬を服用して頂いた。

    併せて、鼻炎のお薬も併用して頂いた。

    9ケ月で改善した。

    2022.05.12
    症例42 肥満(お客様の一例です。)
    詳しく見る

    『お客様』40代、女性

    『病名』肥満

    『主訴』肥満

    『症状』

    半年で3kg増えた。

    排便は、1~2日に一度。

    お腹が張っており、残便感がある。

    身体が重く、だるい。

    息切れすることが多く、疲れやすい。

    『服薬』

    食欲亢進による「痰湿」と、疲労やストレスによる「脾虚」の両面が、肥満の原因となっていると見られた。

    「痰湿」を取るお薬と、「脾気」を補うお薬も併用して頂いた。

    10ケ月で改善した。

    2022.07.26
    症例41 耳鳴り(お客様の一例です。)
    詳しく見る

    『お客様』70代、男性

    『病名』耳鳴り
    『主訴』耳鳴り
    『症状』
    耳鳴りがする。
    下半身の冷えがあり、尿量が少ない。
    便秘がちで、痔なので、排便が辛い。
    便秘薬を服用している。
    『服薬』
    「腎陽」が衰えていると見られ、これを補うお薬を服用して頂いた。
    また、血流が滞っていると考えられるので、「活血」し、血流を良くするお薬も併せて服用して頂いた。
    4ケ月で改善した。

    2022.05.10
    症例40 めまい、疲労倦怠(お客様の一例です。)
    詳しく見る

    『お客様』60代、女性

    『病名』めまい、疲労倦怠

    『主訴』めまい、疲れやすい

    『症状』

    ふらつくことがあり、いつも何となく気持ちが悪い。

    気力がわかず、疲れやすい。

    午前中が苦手。

    『服薬』

    「風痰」がふらつきを、「気虚」が気持ち悪さ、疲れやすさ、無気力を生んでいると見られた。

    「痰」を除き、「脾胃」を補うお薬を服用して頂いた。

    6ケ月で改善した。

    2022.05.09
    症例39 難聴、高血圧、ふらつき(お客様の一例です。)
    詳しく見る

    『お客様』70代、女性

    『病名』難聴、高血圧、ふらつき

    『主訴』難聴

    『症状』

    約半年前に中耳炎を発症した。

    聞こえが悪く、身体がゆれる感じがする。

    疲れやすく、重い便秘が続いている。

    血圧が高く、測ると200以上のことがある。

    『服薬』

    「肝」の働きが衰え、難聴や体のふらつきなどの症状をもたらしていると見られた。

    「肝」を補うお薬と便秘薬、加えて血流の改善薬を服用して頂いた。

    7ケ月で改善した。