イメージ

NEWS

NEWS一覧

    2022.10.12
    症例109 生理の遅れ(お客様の一例です。)
    詳しく見る

    『お客様』30代、女性

    『病名』生理の遅れ

    『主訴』生理の遅れ、冷え

    『症状』

    手足が冷え、身体全体も寒く感じる。

    生理の量が少なく、稀薄で、暗黒色。

    生理の周期は、35~40日位。

    『服薬』

    元々「陽虚」の体質で、「腎陽」が不足して、生理をつかさどる「肝腎」に症状が出ていると見られた。

    肝血を養いながら、寒を取り除いて腎陽を補うお薬を服用して頂いた。

    4ケ月で改善した。

     

    2022.09.12
    症例108 月経前の不眠(お客様の一例です。)
    詳しく見る

    『お客様』20代、女性

    『病名』月経前の不眠

    『主訴』月経前の不眠

    『症状』

    月経前に不眠になる。一晩中眠れないこともある。咽が乾いてイライラする。頭痛がして、頭がふらつく。月経周期が短く、量が多い。いつも体調を崩してしまう。

    『服薬』

    肝気が鬱結した結果「化火」し、「火旺」の状態となっていると見られた。「肝火」を鎮め、「安神」を図るお薬を服用して頂いた。5ケ月で改善した。

     

     

     

    2022.09.06
    症例107 生理の遅れ(お客様の一例です。)
    詳しく見る

    『お客様』40代、女性

    『病名』生理の遅れ

    『主訴』生理の遅れ

    『症状』生理が遅れぎみで、周期が45~60日。

    量が少なく、薄い。下腹部がシクシク痛む。

    手足が冷えて、寒気がする。下痢気味。

    『服薬』

    元々の「陽虚」の体質で、出産などで「腎陽」が不足したために生じたと見られた。

    血を養い、子宮を温める「暖宮」の働きで生理を調整するお薬を服用して頂いた。

    5ケ月で改善した。

     

    2022.09.01
    症例106 ふらつき、めまい(お客様の一例です。)
    詳しく見る

    『お客様』30代、女性

    『病名』ふらつき、めまい

    『主訴』ふらつき、まめい

    『症状』

    頭がふらつき、目まいがする。

    精神的に不安定で、イライラして怒りっぽい。

    眠りが浅く、目がさめやすい。

    『服薬』

    仕事上のストレスや悩みがうっ積して「肝火」となり、更に「肝風」を生じたことが、ふらつき、めまいなどの主原因となっていると見られた。

    「肝火」「肝風」を鎮めるお薬を服用して頂いた。

    5ケ月で改善した。

    2022.08.30
    症例105 冷え性(お客様の一例です。)
    詳しく見る

    『お客様』30代、女性

    『病名』冷え性

    『主訴』冷え性
    『症状』
    手足が冷え、寒気がして夏でも寒い。
    身体がだるく、力が入らない。
    軟便のことが多い。
    夜中に3~4回目が覚めて、ぐっすり眠れない。
    めまいがひどい。息切れがする。

    『服薬』
    過労による消耗で臓器の機能が衰え、陽気が衰弱して陰寒が生じていると見られた。
    臓器を温め、寒を取り除くことを目的に、特に心陽を温め、補うお薬を中心に服用して頂いた。

    6ケ月で改善した。

    2022.08.23
    症例104 掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)(お客様の一例です。)
    詳しく見る

    『お客様』30代、男性

    『病名』掌蹠膿疱症

    『主訴』掌蹠膿疱症

    『症状』

    幼少期から、手荒れがあった。

    状態が悪い時は、血が出る。浸出液が出ることもある。

    皮膚科に通っていたが、どうしようもないと言われた。

    食生活、刺激物に気をつけている。

    たばこ、コーヒーを止めた。

    辛い物を良く食べていた。

    便秘がちで、良く冷たいものを飲んでいる。

    『服薬』

    もともと身体が熱い「陽熱」の体質で、辛いもの等の飲食習慣により、体内に血熱が留まっていることが主原因と見られた。

    血流を良くし、血熱を取り除く「清熱」薬を服用して頂いた。

    6ケ月で改善した。

    2022.08.20
    症例103 にきび(お客様の一例です。)
    詳しく見る

    『お客様』20代、男性
    『病名』にきび
    『主訴』にきび
    『症状』
    にきびが、顔、頭にできていて、かゆい。
    顔は、口の周りに多く出来ている。
    にきびの色は赤く、大きい。
    にきび跡がある。
    食事は、脂っこいもの、味の濃いものを良く食べる。
    『服薬』
    飲食の習慣により胃熱が生じたことが、主原因と見られた。
    胃熱を取り除くお薬を服用して頂いた。5ケ月で改善した。

    2022.08.20
    症例102 生理前の精神不安定(お客様の一例です。)
    詳しく見る

    『お客様』30代、女性

    『病名』生理前の精神不安定

    『主訴』生理前の精神不安定

    『症状』

    数年前から、生理前に鬱的になり、嫌なことを考える。

    生理前は、乳房や脇腹が脹って苦しい。

    食欲がわかず、疲れやすい。

    生理は不定期で、量が少ない。

    『服薬』

    ストレスが原因となって肝気が滞り、そのため消化機能も低下していると見られた。

    肝の陰血を養って肝気を調節し、同時に、消化機能を担う「脾胃」を補うお薬を服用して頂いた。

    5ケ月で改善した。

     

    2022.08.04
    症例101 胸やけ(お客様の一例です。)
    詳しく見る

    『お客様』70代、女性

    『病名』胸やけ

    『主訴』胸やけ

    『症状』

    夏の暑さで冷たいものを飲んでいるためか、食欲がわかない。

    上腹部に不快感がある。

    腹が痞えて脹る。

    息切れがして、元気が出ない。

    『服薬』

    元々脾胃の気虚のタイプで、冷たいものの摂取のために、「胃寒」の症状が出ていると見られた。

    脾胃の気を補い、温めるお薬を服用して頂いた。

    3ケ月で改善した。

    2022.08.20
    症例100 生理痛(お客様の一例です。)
    詳しく見る

    『お客様』40代、女性

    『病名』生理痛

    『主訴』生理痛

    『症状』

    生理の量が多かったり、少なかったりする。

    生理の色が薄い。

    頭がふらつき、元気が出ない。

    10年程前に大病したが、今は良くなっている。

    『服薬』

    元々の虚弱体質のところに大病をしたため、「気血」が不足し、症状が出ているためと見られた。

    「気血」を補うお薬を服用して頂いた。

    10ケ月で改善した。