症例19 耳鳴り、中耳炎(お客様の一例です。)

『お客様』60代、男性

『病名』耳鳴り、中耳炎

『主訴』耳鳴り

『症状』

耳鳴りは、風が吹く様な音がする。耳が痛む。

鼻づまりがして、鼻汁が出る。

発熱、頭痛がある。

風邪をひいた時に、中耳炎になっていると言われた。

『内服』

耳鳴りは、「風寒」の化熱により「肺」が邪を受け、これが原因となっていると見られた。

邪を受けて傷ついた「肺」の熱をとるお薬を服用して頂いた。

4ケ月で改善した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。