症例85 手足の発汗(お客様の一例です。)

『お客様』20代、男性

『病名』手足の発汗

『主訴』手足の発汗

『症状』

手足が冷たいのに、手足に汗をかく。

元気が出ない。しゃべりたくない。

息切れがする。

便秘がちで、お通じは2日に一度程度。

甘い物、辛い物を良く食べる。

『服薬』

飲食不節やストレスによる脾胃の「気虚」が、発汗の主原因と見られた。

脾の「気陰」を補うお薬を服用して頂いた。

5ケ月で改善した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。