症例76 胃痛(お客様の症例です。)

『お客様』30代、男性

『病名』胃痛

『主訴』胃痛

『症状』

みぞおちの部分に、鈍い痛みがある。

お腹が空くと痛みが強く、食後には軽くなる。

食欲がわかず、食べる量が少ない。

手足が冷える。

尿量が多く、便は水様便のことが多い。

『服薬』

顔色が白く、疲れやすい、消化不良など、元々虚弱体質の「気虚」であると見られた。これが進み、脾胃の「陽虚」のため、胃が温養されずに、胃痛が生じていると考えられた。

脾胃を「温養」するお薬を服用して頂いた。

5ケ月で改善した。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。