症例69 尿の混濁(お客様の一例です。)

『お客様』50代、男性

『病名』尿の混濁

『主訴』尿の混濁

『症状』

尿が米のとぎ汁のように混濁している。

排尿時に灼熱感があり、腹が張って苦しい。

脂っぽいものや甘い物が好き。

晩酌をする。

『服薬』

飲食習慣により、湿熱が膀胱の働きを障害し、脂液が尿に混入して生じていると見られた。

湿熱と濁りを取り除くお薬を服用して頂いた。

6ケ月で改善した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。