症例56 耳鳴り(お客様の一例です。)

『お客様』70代、女性

『病名』耳鳴り

『主訴』耳鳴り

『症状』

耳鳴りの音は、ボワーンや、ジーというセミの鳴き声がする。

腰がだるく、重く感じる。

頭が張って、痛む。

めまい、不眠がある。

『服薬』

臓器を潤してスムーズに働かせる「陰」分が不足した状態となっており、「肝腎」の「陰虚」が、耳鳴りの主原因と見られた。

肝腎を補いながら、「陰分」不足がもたらしているめまいや不眠などを改善する「安神」作用もあるお薬を服用して頂いた。

6ケ月で改善した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。