症例54 痔疾(お客様の一例です。)

『お客様』30代、女性

『病名』痔疾

『主訴』痔疾

『症状』

痔の手術を受けて、服薬中。

痔核は、排便時に出血が多く、激痛がある。

肛門が下墜する様に張って痛み、お尻が重く感じる。

肛門の灼熱感、お腹の張りがあり、身体全体がだるい。

貧血がある。

『服薬』

痔疾の主原因は、飲食の嗜好等から「湿熱」が生じ、これが大腸に停滞したことによるものと見られた。

また、湿よりも熱が重く、同時に「瘀血」もあると考えられた。

湿熱を取り除く「清熱利湿薬」と、「瘀血」を取り除く「活血薬」を服用して頂いた。

5ケ月で改善した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。