症例136 不眠(お客様の一例です。)

『お客様』40代、女性

『病名』不眠

『主訴』不眠

『症状』

寝付きは普通だが、寝てから夢を良く見て、2~3回目が覚める。

眠れないので、朝までウトウトしている。脂っこいものや、甘い物を良く食べる。

胸苦しく、痰が多い。吐き気がしたり、実際に吐いたりすることがある。

 

『服薬』脂っこいものや甘いものを良く食べる習慣から、「痰湿」が生じ、これが「痰熱」となって「心」を乱し、「不眠」の主原因となっていると見られた。

痰熱を取り除き、「安神」の働きのあるお薬を服用して頂いた。

5ケ月で改善した。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。