症例133 疲労倦怠感(お客様の一例です。)

『お客様』40代、男性

『病名』疲労倦怠感

『主訴』疲労倦怠感

『症状』

身体が重く感じ、力が入らない。

腹が脹って苦しい。

食欲がわかず、あまり食べていない。

いつも軟便ぎみ。

尿量が少なく、回数も一日に3回位。

 

『服薬』

疲労によって「脾」が衰える「脾虚」の状態となり、体内に水湿が停滞したことが主原因と見られた。

「脾胃」の働きを助け、「水湿」を取り除く働きのお薬を服用して頂いた。

5ケ月で改善した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。