症例11 下肢のだるさと痛み

『お客様』50代、男性。

『病名』下肢のだるさと痛み、肩のこり、耳鳴り、宿便

『主訴』下肢のだるさと痛み

『症状』

下肢がだるく、裏側が痛む。首が凝る。

宿便がある。耳鳴りがする。

既往症は、腎炎、胃潰瘍、アレルギー性のぜんそく。

下肢の痛みをまず改善したい。

『服薬』

先ず「脾胃」を補い、下肢の痛みを和らげるお薬と、「腎」を補うお薬を服用して頂いた。その後に、耳鳴り、宿便のお薬を加えた。

10カ月かかったが、概ね改善した。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。