症例1 排尿困難 どんなお客様がお出でになられているか、症例の一部をご紹介致します。今回は、排尿困難の方です。

『病名』排尿困難(小便不利)、浮腫、冷え性、月経痛。
『お客様』20代、女性。
『主訴』尿の回数が少ない。尿が出ない。
『症状』

尿の回数が昼4~5回、下半身に浮腫。喘鳴・咳嗽・四肢の冷え。月経痛もある。
周期20~26日、量が多い時と少ない時がある。
『服薬』

排尿困難は、生来の腎陽が不足する「腎陽虚」の体質、併せて「痰湿」の邪気が原因と見て、

腎陽を補い、痰湿を除くお薬を服用して頂いた。1月で改善した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。