症例9 打撲(お客様の一例です。)

『お客様』50代、男性。

『病名』打撲

『主訴』

転んで肘を打ち、水がたまっている。

特に朝に痺れる。

夜はひねった痛みがある。

『服薬』

打撲によるしびれと痛みは、外来の傷害による「気血凝滞」、「筋脈瘀阻」、「気血運行の失常」と見て、「気血」の運行を改善し、血液の流れを良くする煎じ薬を服用して頂いた。

2週間で改善した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。